天門庵は、符所です。梵字守護符、経典符、戒名符、供養符、折符など書刻いたしております。

酴ブログ/2019-08-17

Top / 酴ブログ / 2019-08-17

「荘厳梵字の復元」は、国内の研究者も知っていた…

 かつて復元結果の資料提出を門前払いした某大学から突然の依頼があり、よせばいいのにのこのこ出掛けた。お盆中で道路状況が読めなかったので電車を使い、5年ぶりに本郷三丁目駅で降りた。懐かしい本郷通りを7分程歩き指定されたビルに着いた。

 広い会議室のような部屋に通されると40人位の人達がモニターを見入っていた。そこに映し出されたのは、わたしが書いた論文だった。日本にはないはずの論文が何故なのかと疑念もあったが、求められるままに掻い摘んだ説明を40分程した。

 どうやらオランダの若い研究者が持ち込んだらしいが、背景にはかつて研究仲間だった某教授の影が見え隠れしていた。しかし、複雑に入り組んだ計算式で構成された荘厳梵字は、不可解の一語に尽きたらしい。わたしは、復元研究の助力者と紹介された。 合掌


コメント


認証コード(1297)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional