天門庵は、符所です。梵字守護符、経典符、戒名符、供養符、折符など書刻いたしております。

calendar 酴ブログ/2017.09

Top / 酴ブログ / 2017.09

<< 2017.9 >>
[酴ブログ]
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

2017/9/21 (木)

「荘厳吉祥梵字樹符」日本国内割り当て数の決定について…

 欧州地域の代理人との繰り返された交渉の末、「荘厳吉祥梵字樹符」の受注(制作依頼)割り当てが決まりました。想定外の要請による話でしたから面食らった感はありましたが、受け入れざるを得ないものとして交渉のテーブルに着きました。

 大筋の結論は、天門庵が制作する「荘厳吉祥梵字樹符」の一部を代理人を通して欧州の所定地域の依頼者に提供するという期間契約です。2017年11月~2020年10月の3年間に限り、日本国内での制作依頼数が限定される結果となりました。

 この間の日本国内の割り当て数は、年間で25符つまり月間の制作依頼受付けは2名となりました。また、各月で制作依頼が2名に満たない場合の繰り越しはなく、すべて欧州の依頼待機者に割り当てられることになりました。

 諸般を考慮すれば複雑な思いがありますが「荘厳吉祥梵字樹符」が海外の理解者の手に渡ることは、喜ばしいことでもあります。裏を返せば、日本国内での理解者が予想よりも少なかったことが、今回の割り当て数の結果を引き出したものと思います。

 最近の欧州諸国では、日本仏教や日本神道に興味を持つ人々が多く、特に「文字」や「お守り(talisman)」に人気が集中しています。しかし、天門庵は、あくまでも商業ベースではなく、国内同様で「本気の方」のみを対象として展開いたします。 合掌


パーマリンク

2017/9/10 (日)

所用にて9月11日(月)~16日(土)の間、所沢のアトリエを離れます…

 急なことで申し訳ありませんが、6日間アトリエを留守にします。この間、携帯電話も殆ど通じない状態となりますので、ご了承ください。 帰還は、16日(土)深夜の予定で、17日(日)からは通常通りの仕事に戻れると思います。


パーマリンク

2017/9/7 (木)

「深層透視プログラム StageⅡ心脳操作」の補足説明…

 既に15~16件のお問合せを戴いている「StageⅡ心脳操作」ですが、名称がやや仰々しいことから後ずさり気味の方が何人も見うけられました。

 硬そうな難しそうな印象が否めないようですが、内容は、ご自分を認識していただくためのプログラムですから、ことさら身構える必要はありません。但し、ご自分の心や脳の実態がベールを脱ぐことになりますから、ちょっと衝撃的かも知れません。

 知っているようで実際にはよく掴めていない「自分の思考・感覚・感情」の性質や傾向や特徴などを認識する機会は、おそらく一生に一度もないと思います。ご自分を知ることを臆したり躊躇したりする方は、無理にプログラムに参加しないでください。
 
 ご自分の心と脳をしっかり認識して自在にコントロールができたら、それこそ人生観が変わって本当のご自分に遭遇することになります。確かに簡単にできることではありません。プログラムは、楽ではありません。初心を維持できない方は、無理です。

 プログラムを途中で止めれば挫折ですから、己に負けたことになります。講義費と時間をどぶに捨てることになります。そして、自信を失うことになります。「自己挑戦」は、生やさしい気持ちではできません。天上界に選ばれた人のみができる行為です。

最後に一言、プログラム参加の是非を一度でも迷った方は、どうぞご遠慮ください。合掌


パーマリンク

2017/9/4 (月)

本日「談話室」を設定いたしました…

 「言葉による霊力の行使の終了」その後の対応は、行わない予定でしたが実に多くの方々からのお声を頂戴し、その気になって「談話室」を作ってしまいました。

 正直のところ是か非か解りません。天上界からは、何の反応もありません。薄氷を踏む思いを抱きながら、いつもの度胸だけでスタートします。

 期間限定2017年9月10日(日)~12月10日(日)迄の3ヵ月間です。天上界に容認され、また同時に皆さんのご支持をいただけた時は、12月10日以降も継続する予定です。

 今後の展開は、予想がつきません。ただ、真摯に一生懸命にやるだけです。 合掌


パーマリンク

2017/9/1 (金)

体力勝負を自認しながら匍匐前進を続ける…

制作中の荘厳吉祥梵字樹符裏面

 2012年10月に受けた天の罰は、悲惨の一語に尽きる酷さでしたが、その後の体力の逓減は更に厄介なものでした。

 心脳の活動は、昔も今も相変わらず旺盛で衰えることはありませんが、身体機能が低下していて年齢を意識せざるを得なくなっています。

 非常に悔しいのですが、自然の摂理ですから客観的に受け止めなければなりません。とても面倒くさいですねぇ…。

 身体機能の低下に並行して体力も落ちています。無理がきかない事態が度々生じて、憤りを覚えることが増えました。

 仕方がないと言えばそれまでなのですが、どうにも自分が気に入らない。速さと体力勝負で修羅場を生き抜いてきたものですから、更なる体力勝負に賭けるだけです。

 あなたは、大丈夫ですか…? ご自分に優しいのはいいでしょうけど、ご自分に甘いというのは、堕落の容認なのでこれは駄目です。煩悩の誘惑を受入れると、どんどん自信が失われます。そして、ダメ人間になっていきます。鏡でご自分の内側が見えますか…?

「深層透視プログラム StageⅡ 心脳操作」の募集要項は、本日中に左のメニュー欄に発表します。ご自分の思考、感覚、感情をコントロールするための有効なプログラムです。


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional