天門庵は、符所です。梵字守護符、経典符、戒名符、供養符、折符など書刻いたしております。

calendar 酴ブログ/2017.11

Top / 酴ブログ / 2017.11

<< 2017.11 >>
[酴ブログ]
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

2017/11/22 (水)

捩り鉢巻きの仕事が始まりますが…

 一年の中で最も多忙な時期がやってきました…。本業の作品下図描き、依頼原稿書き、定期講演、天門庵の各種霊符制作と新作準備、荘厳梵字論文(草稿)作成など、それぞれが絡み合いながら進行していきます。皆さんの想像以上に大変なんですよ…。

 体調云々は、言ってられない過酷な時期で無理を承知で毎年乗り越えてきました。今年は、例年よりも更に厳しい状況ですが、やりきるしかないのです。 言い訳などで現況を回避することはいたしません。やや限界に近い状況ですが、壊れないようにします。合掌


パーマリンク

2017/11/13 (月)

霊符の制作予定が遅れております…

11月12日の富士山

 誠に申し訳ありません。霊符の制作が大幅に遅滞しております。

「荘厳吉祥梵字樹符」「荘厳梵字守護符」「十三佛供養符」などの各種霊符は、極めて玄妙な表象であり制作時の心身魂の良好なバランスが求められます。

 制作には、常に真摯に向き合い技巧の精度や霊魂の行使に最大限の集中を図っておりますが、このために制作のタイミングが難しくなります。

 各種霊符制作をご依頼された方には、本当に申し訳なく思います。急いで制作するという訳にはいかないものですから、キャンセルをご希望される方は、どうぞご一報ください。直ぐに返金させていただきます。 体調回復に専念することを考えております。合掌


パーマリンク

2017/11/7 (火)

季節は晩秋へと移行しつつあります…

 皆さん、お元気にお過ごしでしょうか…? 時の流れは、とてもはやくて季節の感覚も短いように思えますねぇ…。さてと、今日は何かのお知らせではなく、出かける前に少しだけ時間が空いたのでキーボードに向かっています。

 今年は、わたしの周囲でもいくつもの大きな変化があって、酉年の暴れ傾向を感じています。また、わたし自身も数年前とは大きく変わりました。時とともに変わるのは当たり前なのですが、体力の逓減や感覚の速さの低下は、きついものがあります。

 そして、多くの人々との関わりの末に「自由」の領域が狭まっていくのは、やはりやりきれない思いが生じてきます…。愚痴ではないのですが、あと数年の辛抱かと思いながら日々もぞもぞと匍匐前進しています。やや爺らしくなってきたということです…。

 3~4年後は、最後の大仕事を実行するために、この土地を離れることになると思います。知らない土地で知らない人々の中で、天上界から与えられた最後の役目を果たそうと思っています。もうすぐ冬がやってきます。おからだ、どうぞご自愛ください。 合掌


パーマリンク

2017/11/1 (水)

「折符の更新」が近づいています…

アトリエの様子

 時の経過は実にはやいもので、今年も折符更新の時期が近づいております。

 折符を所有されている方には、1週間程で「更新のご案内」が送付されますのでご覧ください。

 尚、毎年1月限定で新規所有者を受入れておりました「十二折符」(神仏習合=十三佛曼荼羅印+戒名)は、2018年1月を最後に終了とさせていただきます。

新規受入れ終了の理由は、制作の厳密度が非常に高く(失敗率が30%以上)現状維持も苦慮する状態だからです。

 十二折符は、天上界との繋がりが最も強く、守護力だけでなく死後の自分の魂を成佛へと導く道標の役目を果たす大変有効な道具です。

お知らせ「荘厳吉祥梵字樹符」の11月の制作依頼受付は、残り1名(本日9:15現在)です。
追記→「荘厳吉祥梵字樹符」の11月の制作依頼受付は、13:20に終了しました。


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional