天門庵は、符所です。梵字守護符、経典符、戒名符、供養符、折符など書刻いたしております。

calendar 酴ブログ/2018.01

Top / 酴ブログ / 2018.01

<< 2018.1 >>
[酴ブログ]
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

2018/1/29 (月)

神仏習合「十二折符」の新規制作受付終了のお知らせ…

十二折符

 神道の「折符」と佛教の戒名(法名・法号)と十三佛種子印の三層で構成された異色の霊符「十二折符」は、2018年1月31日で新規制作依頼の受付を終了いたします。

 天啓の受信向上と死後に成仏へ導かれるための「生前自己供養」を意味する特殊で希少な霊符ですが、制作可能範囲(数)を超えるために新規受注を止めます。

 現在「十二折符」を所有されている方は、今後も毎年更新できますのでご心配は無用です。

 お仕事やご商売(経営)などの実務に関わる天啓とその具現化(導きと向上)が顕著な「十二折符」は、とても有効性が高い霊符で、所有者の皆さんからいろいろなご報告を頂戴しております。新規受注終了は、大変残念に思うのですが、制作能力の限界が原因ですので何卒ご容赦ください。申し訳ありません。合掌


パーマリンク

2018/1/26 (金)

終了と開始のお知らせ…

 僅かに8ヵ月間の公開でしたが「荘厳吉祥梵字樹符」の国内向け受注は、1月24日をもちまして終了させていただきました。少数の方にしか樹符をお渡しできなかったことは、大変残念に思いますが、受注終了の背景には宗教意識や信仰慣習の衰退がありました。

 「荘厳吉祥梵字樹符」は、荘厳梵字の復元研究過程の最中に導かれて発見した未知の「回帰霊力」を、人間の世界に反映させるための唯一の霊符でした。俄には信じられないでしょうが「回帰霊力」は、法力を直接投影させた所謂至高の「未知の力」です。

 木製のリング状霊符「精霊の輪」は、2月17日(土)に別庵にて公開いたします。すでに一部の方たちには、一時的に公開前期間限定(~12月24日)制作をさせていただきましたが、公平性を期すために再び「公開前制作依頼」受付けを行います。 

「精霊の輪」の制作を希望される方は、本日~2月16日(金)の間にお電話でお申込みください。原則別庵にご来訪いただき、制作のための透視(無償)を行います。公開前制作料は、12,000円(公開後は24,000円)です。プレゼントの場合は、写真をご持参ください。合掌


パーマリンク

2018/1/23 (火)

アトリエの中は快適な温度です…

 寒いのは嫌いなのでアトリエは、いつもシャツ一枚で過ごせる温度になっていますよ。ちょっと贅沢なのかも知れませんけど、仕事をする環境は大事です。寒いとからだも頭も機能が低下して、思うような仕事ができません。わたしにとって、寒さは大敵です。

 さてと、また雪がたくさん降りましたねぇ…。今週は、缶詰め状態で仕事に立ち向かっているので外に出ることはありませんが、車の雪下ろしと駐車場の雪かきをする必要があります。明日は、からだ中が筋肉痛になっていると思います。

 2年後に家を購入することになっていますが、できるだけ雪の降らない所と考えています。東海地方か九州か沖縄当たりが候補ですが、まだ絞りきれていません。昔から小さな漁港が好きなので、多分そういう場所を選ぶことになるでしょう。暖かい所です…。合掌


パーマリンク

2018/1/17 (水)

天門庵HPのアクセス数について…

 2010年9月のHP開設当初は、アクセスカウンターを設定しておりましたので、皆さんのご興味の動向も少し読み取れました。しかし、その後生じた諸事情でアクセスカウンターを解除して以来、皆さんのレスポンスも掴めないままで現在に至っております。

 昨年11月~12月の間、サーバーに依頼してアクセス数の調査を行いました。結果としましては、初期と比して概ね20~30%の数値でした。ブログでさえも半分程に低下していました。変り映えのしない、面白味のない内容では、当然のことと思いました。

 現在の天門庵は、以前よりも幅広い対応をしておりますが、少なくとも楽しい場ではありません。寧ろ厳しい透視結果の現実に、多くの方は閉口してしまうようです。結果として天門庵に再来訪しなくなる…。誰もが自分に甘いは、自然の摂理なのかも知れません。

 甘言が欲しい方は、優しい占い師さんなどを訪ねるのがよろしいと思います。 反対に現実を受け止める勇気がある方は、どうぞ天門庵の霊力をご利用なさってください。過去の天門庵は、良いことだけで悪いことは一切喋りませんでした。しかし、今は違います。


パーマリンク

2018/1/15 (月)

五感の向こう側の「事象」を捉える意識…

 感知不能な「有効な何か」を何らかの手段や手法で捉えることができたら、愉快なことだと思いませんか? あなたも、挑戦してみてはいかがでしょうか…? 

 天門庵が提供する数々の情報(各種プログラム、透視・超視の読み解きや分析等)の中に、たくさんのヒントやきっかけがあります。それらを上手に具現化できた方は、ご自分の中に保存されていた「潜在力」を始動させ、新たな「力」や「可能性」を見出しています。

 人間は、例外なく多種の能力を与えられています。しかし、それらの能力を発揮できる方は、ほんの少数に限られています。何故だと思いますか…? 年の初めの意識が冷めないうちに、本気で考えてみてはいかがでしょうか。難しいことではありませんよ…。合掌


パーマリンク

2018/1/11 (木)

「談話室」の内容を書き換えました…

 2018年1月14日(日)から「談話室」が大きく変わります。対応項目も7つありまして、皆さんのご要望に対して的を絞った回答をさせていただくことになりました。項目の中で復活した「憑依分析(旧憑依診断)は、最も脅威的な「憑依」に関した警告を示すものです。

 多くの方々に「憑依」の危険を知っていただきたい。 そして、その対処・対応方法を周囲の人々に伝えていただきたい。憑依現象そのものである事件や事故や傷病で、人生を棒に振ってほしくない。目に見えないからだで感じられない脅威を知ってもらいたい。

 改定した「談話室」の内容は、賛否両論があると思います。特に項目の料金設定には、ご不満の方も多いと思われます。ご自由にご判断していただいて結構です。今後の天門庵は、刻々と変化していきます。一人でも多くの方のために霊力を発揮いたします。合掌


パーマリンク

2018/1/8 (月)

今年もたくさんの年賀状をありがとうございました…

 松の内までに届いた天門庵関連の年賀状は、丁度70通でした。今年も皆さんありがとうございました。故あって年賀状の習慣をもたないため、返礼はご容赦ください。

 返礼のないことをご承知の上で年賀状をくださるたくさんの皆さんには、誠に申し訳なくまた心苦しく思います。毎年のご無礼を心底からお詫びいたします。

 お子さんの健やかな成長の写真や病から再起した旨の添え書きなどを拝見いたしますと、天門庵の仕事も少しは役に立っていることを実感し、有り難くも嬉しくも思います。


パーマリンク

2018/1/5 (金)

2018年1月のお知らせ…

① 「談話室」は、1月14日(日)から内容を大幅に変更して今後も霊力の行使を行いま
  す。詳細は、後日HPの書き換えでお知らせいたします。

② 「十二折符」は、1月末日をもちまして新規制作依頼受付を終了させていただきます。
  理由は、制作数の限界に達したからです。唯一の神仏習合の霊符が姿を消します。

③ 「荘厳吉祥梵字樹符」は、既にHPでお気づきの方もおられるでしょうが、あと8名で
  日本国内向け制作依頼受付を終了させていただきます。何卒ご了承ください。

 新年早々から変更や終了のお知らせで誠に申し訳ありませんが、どうぞご容赦ください。 今年は、「精霊の輪」や大型(600~1000㎜)「根本無限相対般若心境螺守護符」「光明真言十三佛二重曼荼羅」の樹符・布符を限定公開いたします。乞うご期待!合掌


パーマリンク

2018/1/1 (月)

新しい年が始まりました…

霊峰富士

 明けましておめでとうございます。2018年は、とても穏やかに始まりました。皆さんにとりまして心身魂ともに健やかな一年になりますように、祈念いたします。

 わたしにとりましては、3年間かけて敢行する「自己挑戦」の1年目になります。難行の始まりです。

 限られた時間の中で何ができるのか…? 薄弱な能力をどこまで拡大することができるのか…? 一人でも多くの人のために何ができるのか…? そして、何を残せるのか…? 楽しき葛藤と苦悩の日々…。合掌


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional