天門庵は、符所です。梵字守護符、経典符、戒名符、供養符、折符など書刻いたしております。

酴ブログ/2019-09

Top / 酴ブログ / 2019-09

2019/9/28 (土)

あと1年で天門庵は終わります…

 1990年5月1日に新宿の大ガード脇の路傍で始まった天門庵の活動も30年目に入っています。場所を神田から川越に移し、週に2~3日の展開ですが道端の環境は、修行させられているようでした。何度か体調を壊しましたが指示通り復帰して、続けてきました。

 数えきれないたくさんの人々と語り、他に例のない石符を刻み続けました。ずっと真剣でした。天門庵のわたしは、普通のわたしではありませんでした。 ずぼらでいい加減なわたしは、鳴りを潜めて別人になっていました。

 天上界から与えられた仕事とはいえ、割に合わない過酷な活動は、いつも疑問だらけでわたしを苦しめました。しかし、奇妙奇天烈な存在だった天門庵も、2020年9月27日に幕を閉じることになりました。理由は、単細胞的な元の遊び人に戻りたいからです。 合掌


パーマリンク

2019/9/25 (水)

秋の気配が感じられるようになりました…

9月15日早朝の満月

 家探しの奔走から引っ越し準備に追われる日々で、毎日のように汗だくだったので今年は、特に暑く忙しい夏でした。

 暑い夏が好きなわたしですが、さすがに時々たじろぐこともありましたから、少し注意をしなければと思いました。

 暑さも漸く収まって窓から入ってくる爽やかな風は、秋の匂いに変わりましたねぇ…。季節の移ろいです。

 四季を感じられる日本に住んでいることを当たり前のように思っていますが、地球上では数少ない温帯地域の恩恵を受けているのですねぇ…。

 日本は、能天気な国で自由と気ままな生活が普通にできるのですから、縮まらないでおおらかに時を味わいましょう。

画像は、9月15日早朝の満月です。間もなく山の向こうに消えてゆく直前に撮ったものです。屋根の隅にカラスがいます。ここは、賢いカラスがたくさんいる場所ですよ…。合掌


パーマリンク

2019/9/20 (金)

引っ越してきてから今日で10日目…

 四六時中途切れることなく心身に力が入った10ヵ月間が終息し、漸く脱出して山を越えて戻ってきました。山里のあの風土は、捩じれたわたしを受入れることがなく、七転八倒の日々は筆舌に尽くし難い泥沼の如きでした。

 空が広くて穏やかな空気感に浸って安堵を実感しています。消耗し切った心身の回復には少し時間を要するでしょうが、早晩元通りに復帰するでしょう。わたしの霊魂は、微動だにしなかったのですが、人間の部分のわたしの脆さが露呈したのは仰天でした。

 昨年8月の層越え後から始まった一連の心脳騒動は、わたしの無碍な粗暴を断罪するための仕掛けだったようにも思います。引っ越してきてから10日目になります。気分は、上々です。午後になると階下の公園から子供たちの声が聞こえます。いいものですね…。合掌


パーマリンク

2019/9/17 (火)

「即断&即実行」で一皮剥けるのですが…

 心脳機能の「心気」に属する「意識」の中に「断行」があります。思い切って行うという意味です。言葉上では簡単なことのように思えますが、実際には、かなり難しいものです。それは、思い切って行った結果を想定して成否や損得の意識が先行するからです。

 二の足を踏むや優柔不断という意識の不確定は、行動背景に煩悩があるからなので一筋縄にはいきません。しかし、煩悩の誘惑を僅か1%でもすり抜けられれば「断行」は可能になります。意識が確定する傾向に変えることで、何事にも自信が湧いてきます。

 天門庵で繰返し言及している「即断&即実行」は、自分自身で一皮剥いて大きくなれという意味です。しかし、心脳機能の「思考」が優先稼動するのでなかなかうまく「断行」にならない。後先の結果を求めない勇気度胸覚悟があれば、あなたは変わります。



パーマリンク

2019/9/12 (木)

ゴロゴロ様は大敵です…

2019.09.12新転居の窓からの風景

 台風やら大雨やらで甚大な被害が起きていますが、皆さんは、大丈夫だったでしようか…?

 昨日は、引越しの荷物を搬入してから僅か2時間後に急に空が暗くなって、あっという間に凄い雨風雷に見舞われました。

 幼少期からゴロゴロ様は大嫌いでしたから、目を閉じ耳を塞ぐしかない有様で、わたしの弱点でした。

 ゴロゴロ様は、人間の力が及ばない自然現象で、想像を絶する強大な瞬間のエネルギーです。何かに利用できたらいいと思うのですが…。

画像は、新たに購入した集合住宅の窓からの風景です。とても空が広くて奥多摩や奥秩父の連山を眺められるので、気に入っています。これからここで来世に向かう新たな生活が始まります。合掌


パーマリンク

2019/9/9 (月)

「身構える」のをやめれば気分は楽になる…

 多くの日本人は、生真面目で四角四面の考え方を由としているが、果たして古式豊かで直線的な心脳傾向は通用するのだろうか? 時代の流れは急速で日々混沌と変転しているが、もたもたしていると置いてけ堀にされ兼ねないのが現代社会の潮流だ。

 あなたは、ご自分を身構えさせていないだろうか…? 何でもかんでも理屈で通そうとしていないだろうか…? 常識の細い道だけを行こうとしていないだろうか…? 窮屈な袋小路にご自分を追いやってないいだろうか…? 時には振り返ってみよう…。

  25年くらい前から身構えるのをやめて、行き当たりばったりのずぼらな生活を続けているが、自由奔放でとても快適な気分だ。自分を怠惰や堕落に導くのは、実に簡単で誰でもすぐできる。身構えるのをやめて自分の心身を解放すれば、必ず気分は楽になる。合掌



パーマリンク

2019/9/4 (水)

最後の「深層透視プログラム STAGE Ⅳ」の参加者を募集します…

 2016年10月から始まりました「深層透視プログラム」は、今月STAGE Ⅲ「身体強化」が終了します。そして、10月から最後のSTAGE Ⅳ「道程闊歩」(12回)がスタートします。川越別庵は、2020年9月このプログラムの終了を最後に閉庵いたします。

 「道程闊歩」は、人間は何故生まれてくるのか? 何のために生きるのか? 日常生活の中ではあまり考えない「人生とは何か」という課題に迫ります。あなたの過去・現在の状態を深層透視して、今後の道程(人生)と来世のために必要な重要事項を提案します。

 3年前の当初は、16名の参加者がいましたが出入の末に現在は半分の8名になりました。途中参加ができませんので、プログラム参加を本気で希望される方は、9月25日までにお申し込みください。詳細につきましては、お気軽にお問い合わせください。 合掌


パーマリンク

2019/9/1 (日)

客観的な目で自己観察していますか…?

庭に咲いた一輪のユリ

 朝目覚めた時や仕事を始めた時などの切り替わりの時に、誰もが自分の現況を無意識に観察するものです。

 気分がすっきりしているとかやる気があるとか、またはその反対だったりとかの自己観察を瞬時にしています。

 その自己観察を意識してしかも客観的な視点から、つまり、故意に他人の目でやってみると、何かが生じます。

 いつもの自分ではない自分が見えてきます。そして、時には眠っていた自分の潜在能力や本質の一部を発見します。

難しいことではありません。視点を変えれば見えるものも変わります。客観的な自己観察が習慣化すれば、自己演出や自己表現も変わります。一皮剥けた自分が見つかります。

画像は、縁側の前の雑草の中に咲く背の低い一輪のユリです。とても不思議な光景です。


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional