天門庵は、符所です。梵字守護符、経典符、戒名符、供養符、折符など書刻いたしております。

酴ブログ

子良のブログ

<< 2020.1 >>
[酴ブログ]
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 (2010.09.02)

2020/1/21 (火)

「神仏習合十二折符」最後の所有者はどなたになるのでしょうか…?

神仏習合十二折符

 自然災害から人と建物を守護する効力が具現化した「神仏習合十二折符」の最後のご案内です。詳細につきましては、折符のページをご参照ください。

 さて、神仏習合十二折符は、天啓を得てわたしが構成した樹符に並ぶ力量を有する特殊な霊符です。

 現在21人の所有者おられますが、制作上は偶数の方が作りやすいことから、また、川越別庵の終了を前に最後の制作受注を行うことにしました。

すでに12月に制作受注のご案内をしておりますが、1月31日が受付終了で本日は、最後のお一人になる方のためのお知らせです。
つまり、先着1名で受付終了とさせていただきますので、何卒予めご了承ください。合掌


パーマリンク

2020/1/17 (金)

リラクゼーション睡眠は耐性を向上させる…

 こんな言葉はないのですが、リラックスした状態で眠ることができれば、心脳と身体の耐性が上って痛みや苦しみや辛さが軽減されるということです。また、同時に再生機能が活発に働いて回復が早くなるという経験をしました。

 自らの過失で招いてしまった身体的苦悩を、自力で何とか改善するというやや馬鹿げた意識から派生した魔法(?)の手法です。科学的な根拠はないのですが「自分の世界だけのこと…」と意識誘導できれば、想像以上の改善をみることができます。

 現状のわたしは、一昨日の朝に発生した苦痛からの早期回復を期して「極力動かない」「とにかく全身の力を抜く」「好きな曲を聴く」を徹底しています。二晩経過した今朝、リラクゼーションという意識誘導は、功を奏しております。眠りが一番ですね…。合掌


パーマリンク

2020/1/14 (火)

高速行為と時刻合致が感性を引く…

2020.1.13落日

 大なり小なりあるが、確定した目的をもって目標や到達点に向かい一心に凝縮集中する。

 少年時代から自然にやってきたことで、スピード意識とタイミング誘導がいつもの課題だった。

 言葉では表現できないが速度と時間が融合すれば、未経験の何かが湧き上がってくる。

 心脳機能のひとつである思考の捩れの中から生じるおまけのようなもので、一般的には、感性といわれるものだ。

 感性は、すべての生命体が有する潜在力だが、文明の進化とともに消えつつある。合掌


パーマリンク

2020/1/6 (月)

あなたはいい人ですか…?

 いい人の定義は不確定ですが、あなたが思ういい人の中にあなたは入っていますか…? もしもいい人の中に入っていたら、あなたは、きっと凄い人です。何が凄いかを考えてみてください。すぐに答えが出ない場合、あなたはいい人ではありません。

 いい人の中に入ってないと思う人の多くは、普通の人です。普通の人の定義も不確定ですが、普通の人の大半は自己主張をしない駄目な人です。駄目な人の人生は、概ねつまらない。あなたの人生は、面白いですか…?

 降らないことですが、時にはご自分を他人の目になって振り返ってみてはいかがでしょうか。視点を変えることで小さな何かを発見することがあります。それを繰り返すことで、あなたは、本物のわるい人になれます。わるい人になるのは、簡単ではありません。


パーマリンク

2020/1/3 (金)

皆さんと天門庵を繋げるのは折符のみです…

 川越別庵の展開は、あと72回で終了します。最後の日は、9月27日です。 原則としてその後の展開は、ありません。内観も透視も天啓伝達も行いません。つまり、一切の対応は、いたしません。桜町子良の霊力の行使は、すっかり終わりになります。

 霊力の行使は、この世の行為ではありませんので皆さんのご理解をいただくことはありません。信じられない、あり得ない、作りごとだ、嘘だなどと言われ続けてきました…。厳密には、嘘になると思います。霊界のことを人間の言葉では説明しきれないからです。

 葛藤の連続が極度の自分不信に陥らせました。わたしは、大嘘つきだったのかも知れません。天上界の仕事を一生懸命やってきたつもりですが、人間界では、罪深き行為だったと思います。わたしのような不可思議な人が存在していることを知っておいてください。

 折符の新規制作依頼は、2020年3月31日で終了します。その後の新規依頼は、受けませんのでご注意ください。折符は、今後も毎年更新いたします。折符所有者は、今後もずっと天門庵と繋がっています。繋がり方の詳細は、秋頃に文書でお知らせします。合掌


パーマリンク

2020/1/1 (水)

明けましておめでとうございます…

荘厳梵字不動明王種子

 2020年がやってきました。1990年に始まった天門庵の活動が終わる年です。

 時は、常に止まることなく過去、現在、未来を繰り返していますが、すべてのものやことには必ず始まりと終わりがあります。

 普段はあまり意識しないことですが、時は刻一刻と進行してすべてが変転して行きます。

 時は、人間が発明したものでわたしたちは100%時に支配され続けています。縛られています。

2020年という時は、どんなことが生じるのでしょうか…? 生じた物事の殆どが刻一刻と忘れられていきます。昔も今も変わることなく人間の記憶は、常に消えていきます。合掌


パーマリンク

金剛界・胎蔵界種子荘厳梵字・拡大

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional