天門庵は、符所です。梵字守護符、経典符、戒名符、供養符、折符など書刻いたしております。

酴ブログ/2019-11-11

Top / 酴ブログ / 2019-11-11

呪はやめた方がいい…

折符

 少し怖い話ですが人間の念を使った「呪い」は、古今東西を通して実行されてきました。

 念は、例外なく誰もが発信している生体エネルギー(微弱電流)ですが、これを凝縮したものに強い意識をかけると「呪い」に転化します。

 本気で実行すれば誰でもできる呪いは、呪術師のみならず古来から巷間広まった殲滅の手法でした。

 先月別庵に来訪された方は、脳梗塞の重度の後遺症で右半身が殆ど動かず、言葉も不明瞭でした。

 故あって呪術書に従い毎夜特定の人の写真に向かい刃物を使った呪いをかけ続けたそうです。強い恨みを以って4ヵ月位実行した結果、特定の人が仕事中に右足切断の事故に巻き込まれたそうです。

 呪が達成された驚きと凄さに震えたそうです。その後は罪に苛まれて精神が混乱したそうです。それから4か月後の早朝に脳梗塞が発生したそうです。1年半前の話だそうです。「人を呪えば穴二つ」の通りです。理由に関わらず呪いは、やめた方がいい。 合掌


コメント


認証コード(5441)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional