天門庵は、符所です。梵字守護符、経典符、戒名符、供養符、折符など書刻いたしております。

酴ブログ/2020-06-25

Top / 酴ブログ / 2020-06-25

勇気と度胸と覚悟と継続はわたしの命の羅針盤でした…

 振り返ると短い印象の仕事時間でした…。幼少期から誰にも頼ることなく独力で生き抜いてきたわたしは、最近になって自分の足跡を回想するようになっています。姉兄妹たちと離別して天涯孤独を盾に強がって生きてきましたが、これからは細道を行きます。

 心脳と身体が枯れ始めたの6~7年前頃でしたが、激しい葛藤だらけの人生だったことから、はじめは安堵感がありました。また、人並みの普通の生き方への移行を検討したこともありました。しかし、それらは許されることなく、夢と幻に消えてしまいました。

 間もなく川越別庵は、終わります。表舞台から消えた天門庵は、徐々に存在感が薄くなり遠からず裏舞台からも消えます。そして、いつか霊力の行使をやめる時が必ずきます。普通の人間に戻ったわたしは、山河に溶け込むような生活がしたいと思っています。合掌


コメント


認証コード(7097)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional