天門庵は、符所です。梵字守護符、経典符、戒名符、供養符、折符など書刻いたしております。

酴ブログ/2018-09

Top / 酴ブログ / 2018-09

2018/9/28 (金)

久し振りに雄姿を現した富士山ですが…

2018.09.28朝の富士山

 富士山を見ながら仕事をしたいという願いが叶ったのが2010年12月27日でした。

 URのアパートですが14階の部屋から見たこのパノラマは、大満足でした。天啓の導きによるものです。

 この8年間は、富士山の景観とは裏腹に葛藤の連続でした。七転八倒の原因は、自分自身の気の荒さにありました。駄目人間の露呈でした。

 しかし、間もなくこの富士山ともお別れです。その理由は、天門庵(本庵)の移転が決定したからです。当初は、2020年秋を予定している川越別庵の閉庵の前後に本庵移転を考えていましたが、引退後の多角的な活動準備を考慮して急遽移転を前倒しにしました。 合掌


パーマリンク

2018/9/26 (水)

空回りでも楽しみながらです…

 昨日は早めに出たにもかかわらず、結局のところ天理市に入ったのは、16時を廻ってしまいました。 テレビでは情報を流していたそうですが、知らぬまま中央道に乗ると東名の道路工事のための迂回車で混雑して、予定より2時間以上も要してしまいました。

 立ち寄った津市の美杉では、先方の聞き違いのために無駄な時間を喰ってしまい、呆れてしまいました。しかし、わたしの勘が働かなかったことが原因の空回りですから、苦笑いしながら大声で歌って気分を一新しましただよ…。

 そして、今日は、これからちょっと朝の醍醐寺を散策してから京都の上京区に向かいます。天気は悪いのですが、最後の期待をかけています。どうなりますことやら…? 東名の道路工事は、10月上旬頃まで続くようなので残念ながらいつもの韋駄天走りはおあずけで、流れに乗ってチンタラ走りで帰還してステーキハウスに駆け込みますですよ…。合掌


パーマリンク

2018/9/24 (月)

相変わらず 忙しい毎日が続いています…

 面白いもので体調が好転すると、公私ともに多忙が巡ってくるものですねぇ…。最近は、ドタバタの連続で目まぐるしい日々を存分に味わっています。心身ともに快調で余裕があるからこそ今が成り立っているので、いつも先祖の皆さんには、感謝感謝です。

 ところでお彼岸ですが皆さんは、どうされていますか? 近年は、我関せずという人が多いようですが、どう思われますか…? 気にしないと言われてしまったらそれまでなのですが、時には少しでもご先祖様に気持ちを向けてみてはいかがでしょうか?

 毎日の生活を見守ってくれているのは、無数のご先祖霊です。目に見えないし感じられないけれども、今日のあなたもご先祖様に守護されています。現世を生きるわたしたちの役目のひとつは、快適な毎日を自分の手でつくることです。誰にでもできますよ。合掌


パーマリンク

2018/9/20 (木)

計算上は既に120歳に達しているが…

 生来の特殊な霊感覚と極端な粗暴さが相まって外れた道を余儀なく歩いてきたが、それも程なく終わりになる。改めて自分の過去世を振り返って比べてみると、現世は、冬の盆踊りの如くであった。すべてが場違いの独りよがりというものであった。

 人には偉そうにもっともらしい御託を並べてきたが、自分の中ではいつも非現実で大嘘つき野郎であった。22年前に家族と離別し、13年前に一族が離散して与えられた血縁は、簡単に消滅した。何らの未練もない自分は、やはり人間の世界には向いていない。

 慣れ親しんだこの地を離れて見知らぬ環境に移ることは、再生を賭けた新たな冒険であり同時に自分発見の最後の機会だと認識している。天門庵に関わる人々には甚だ迷惑な話であろうが、残された縁は、戯言ではなくあと2年で途切れることになる。



パーマリンク

2018/9/18 (火)

季節の移り目は自分観察が大事です…

米軍通信基地の新施設

 秋の足音が聞こえてくるようになりました。巷では、秋バテの注意喚起などで体調の変化の危険を煽っています。

 季節の変わり目の体調異変は、個人差はありますが昔からあったものです。今さら秋バテなどと意味不明な造語を振り回されても、迷惑な話です。

 昔と比べれば最近は、確かに心身ともに耐性(抵抗力)が低下しています。我慢や辛抱に弱く、また環境順応や回復が遅くなっています。原因は、自己意識低下にあります。つまり、何事にも自信を持てなくなっているというとです。

 更なる原因は、テレビ、新聞、書籍などで流布され続けているマイナス情報にあります。危険や後退的情報は、多くの人々を怖がらせて心脳を混乱させています。純粋な人ほど悪影響を受け続けて「自信」を失っていきます。言論の自由の弊害です。

 マイナス情報を真に受けず、いつもご自分の状態をよく観察して早めに前向きに対応することが大事です。元来の人間は、明らかに「強い」ものです。しっかり目を開けて鏡を見ましょう。鏡の中の自分にたくさんのプラス情報(空想でもよい)を与えましょう。 合掌


パーマリンク

2018/9/14 (金)

家族の団欒はいいものでした…

 駅に到着すると車が手配されていてへぇと思ったのですが、30分程で山里の高台の家に案内されました。白壁の塀を巡らせた趣のある旧家で、長屋門をくぐると手入れの行き届いた日本庭園が広がっていて、敷地内には落ち着いた空気が漂っていました。

 20畳程もある広い玄関で迎えてくれたのは、着慣れた和服姿の初老の当主でした。事前に聞いていた話とは相当違う状況にやや面喰いながらも興味津々で、一間幅の廊下を進み田の字(12畳×2・16畳×2)の座敷に通されました。老若男女14名が座卓に向かっていました。

 映画の一場面のような光景に遭遇したわたしは、流石に驚きました。仄かな伽羅香を聞きながら写経をする姿を見たことがありませんでしたから、俗にいうオッタマゲでした。「話合いに立ち会って欲しい」との依頼は、その後4時間余りにも及びました。 合掌


パーマリンク

2018/9/12 (水)

「予約時間変更」の予告です…

 この数日間で急に気温が下がりましたが、皆さんの体調管理は、大丈夫ですか? どうぞしっかりとご自分観察されて、十分にお気をつけください。

 さて、2020年秋の閉庵まで2年となりましたが、先般言及しました通り「仕事量」を減らす一環として予約時間の変更を予定しています。予約開始時間を遅くし、予約終了時間を早くします。また、土曜は、変則ですが夜間(18:00~)の貸切予約も検討しております。

 「予約時間変更」の実施は、11月を予定しています。詳細につきましては、10月中旬頃にお知らせいたします。皆さんには、ご不便をお掛けすることになります。 何卒ご理解くださいますよう宜しくお願いいたします。 今日は、野暮用で関西に行きます。合掌


パーマリンク

2018/9/10 (月)

過酷な夏が過ぎようとしています…

アトリエの実体顕微鏡

 漸く秋の気配が感じられるようになりました。今年の夏は、未曽有の酷暑や複数の自然災害に見舞われましたねぇ…。

わたしたち日本人の多くは、衝撃的事象でも比較的短期間で記憶が薄らぐ傾向にありますが、魂の中の残像(すべての記憶)は厳然と保存されています。

 科学的証明は不可能ですが、魂の中のあらゆる+-の残像は、その後の自分の心脳機能に多大な影響を与えます。

 しかし、その影響に気づく人は、殆どいません。そして、マイナスの場合は、疑問と混乱が広がって解決不能な悩みや苦しみが生じます。

 「季節の変わり目の切換え対応」は、成り行き任せが普通でしょうが、意識して対応すれば心脳機能にメリハリをつけることができます。そして、同時にプラスの残像を具現化させることに繋がります。合掌


パーマリンク

2018/9/6 (木)

「お守り」といわれる霊符の役目について…

 巷には「お守り」と称する代物が多種多様に存在しています。 そして「お守り」は、一般的には感知し難い霊妙な力や加護を有するものと解釈されています。解釈は自由なのですが、「お守り」の位置づけや役目について知っておくことも必要です。

 位置づけとしては、天上界(神)が与えた自然物と霊力を有する者が導出した人工物で、道具であるということです。巷間流布されているお守りの多くは、商業ベースで機械生産されたものをご祈祷済などと提示し、あたかもそれ自体に神力があると謳っています。

 本来の「お守り」は、道具ですから人間を護りません。護ってくださるのは、あなたの先祖霊と無縁霊(佛)だけです。「お守り」は、人間界と霊界を繋げる役目を有する道具です。「お守り」は、いつも意識して丁寧に大事に扱っていただきたいと思います。 合掌


パーマリンク

2018/9/3 (月)

「深層透視プログラム STAGE Ⅲ 身体強化」受講者募集…

 8月7日に予告しましたが本日から10月18日(木)迄、STAGE Ⅲの新規受講者を5名限定で募集いたします。ご自分の身体の実態を知る勇気のある方は、どうぞご参加ください。

 人類の叡智を結集しても明確な理解に至らない人間の身体は、まさに不思議の塊です。生命現象は、何処から来るのでしょうか? 不可解な人体の構造や解明不能な多彩な身体機能の仕組は、どこから生じるのでしょうか?  

 大胆な試みですが「深層透視プログラム Ⅰ~Ⅳ」は、与えられた霊力と多彩な透視技法を駆使して、あなたの身体を深層透視いたします。あなたのからだの強弱・特性・耐性などの実態解明から、改善・回復・強化などの多種の方策を提案させていただきます。

 講義期間は、2018年10月~2019年9月で毎月1回(+補講可)の合計12回です。

 応募資格は、本気でご自分の身体の実態を認識し同時に努力して強化したい方です。

 講義時間は、140分(+予備時間30分)です。講義料は、1回=8,000円です。

 興味本位や物見胡散の方は、ご遠慮ください。飽きやすい方、妄想癖のある方、曲解性のある方は、対象外となりますのでご了承ください。先着5名で受付を終了します。合掌


パーマリンク

2018/9/1 (土)

継承保存「根本無限相対般若心経螺守護符」下図を公開します…

根本無限相対般若心経螺守護符

 先般6月29日にお知らせしましたが、改めて下図を公開いたします。

継承保存のお約束を前提とした作品で、二重螺旋形状の般若心経(篆書&梵字=白色)と中央に戒名(篆書=金色)を刻字した荘厳な木板霊符です。

 二重螺旋は、宇宙や遺伝子の構造を示す根本無限相対の形状で、他に類のない天門庵独自の作品です。

 この霊符は、生前は守護符であり死後は位牌の位置づけに変り、同時に供養符としての役目を有します。

 制作には相当の手間暇を要しますので、残された時間ではやむを得ず受注数限定とさせていただきます。天門庵とご縁を有する方で先着となりますので、何卒ご了承ください。

霊符のサイズは、4種類で方形=800×800×36㎜(限定2符)600×600×30㎜(限定2符)450×450×25㎜360×360×25㎜です。また、制作料は、継承保存特別制作料として480,000円240,000円120,000円90,000円です。詳細はお問合せください。

 尚、4種類の各下図は、川越別庵に掲示してありますのでご高覧ください。 合掌


パーマリンク

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional